最近の記事


  • ブログランキングに参加していますv
    にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
    にほんブログ村

  • ↓最近書いた記事です

*




  • ↑人気ブログランキングにも参加してます、ミルのお鼻をぽちっと押して応援お願いしますv


購入したもの

スポンサーリンク


リンク

無料ブログはココログ

« 元気で留守がいい | トップページ | ポケモン・・・ »

2016年7月20日 (水)

飼い犬の心臓病

1469006271339.jpg

ひさびさにペットのカテゴリー。

・・・病気になった事ばかり、ペットカテゴリーにしてるような。だから久々なのは喜ばしい事ですね。



ペットの事は、私にとってまったくの日常の事なので、ついついペットカテゴリーではなく、普通のひとり言のカテゴリーの一部に書いてます。



(・・・でもスピッツ犬のブログにするほどは、犬の事書いてるわけでもない・・・本当に日常の一コマ的なので・・・(・∀・)





喜ばしくない病気になりました・・・。

結構まえまえから、1年に一回の検診で心臓に雑音があるとは言われていたのですが、いたって元気に食べ走り回っているので、あまり気にしてませんでした。

今年に入ってから、水を飲むとせき込むことが多くなり・・・年寄りなので、むせてるんだろうと家族で言い合ってました。

ところがここ1、2週間で、水を飲む時以外にも、どんどん乾いた咳が多くなり、ネットで調べたところ、心臓病の悪化の(しかも重度の)ようなので急いで診察してもらいに行ってきました。



案の定、僧帽弁閉鎖不全症(心臓弁膜症)になっていました。

思っていたより心臓は大きく膨れ上がっていてショックでした・・・(普通のワンコの2倍に)

他の事はネットで予習していたので、よく理解できたのですが、予想外だったのは以下二つ。

心臓肥大というのは働きすぎで大きくなっているのかと、一人合点していたのですが、弁がいかれているので血液が逆流して、心臓にどんどん溜まってしまって、膨れ上がるとのこと。

左心房が先生が診てる、他の心臓病のわんちゃんよりずっと大きく膨れ上がってしまってるので、破裂する危険もあるとのこと。





その時にレントゲンを撮ってすぐに見せてくれて、午後には預かりで精密な検査(MRIやエコーなど)をしてくれて、夕方、細かい診断結果を教えてもらえました。



(私の乳がんの疑いの時など、1日目診察、何日か後にエコー、また何日か後に結果報告、と3日もかかってしまったのに!まあ、専門の先生が外から来てる病院だったので・・・。今度は母のようにその日のうちに結果がわかるところを探してみよう・・・)



進行が早い場合を考えて、いつものかかりつけの病院が、設備も充実、専門の先生もいて本当に助かりました。





手術という手もあるのですが、歳だしお金かかるし(ネット情報では、歳とった犬だとまた悪くなるそうだし)、他の心臓病のワンちゃんと同じように薬で症状を抑えることにしました。

結構、重度なので3つの薬になりました。最終的には5つの薬に。

どうぞ効きますように・・・・・・・(-人-)





(ネット情報によると、心臓弁膜症は治ることはなし。原因もわかっていない。・・・多分うちの犬は加齢が原因だろうと思うけれど・・・)

1469006272916.jpg

1469006272278.jpg

検査帰り、くたくたで寝てるミル。(お迎えに行く時には娘も帰っていて一緒に行きました)



あんな動画を何分も撮ったということは長いこと固定されていたんだろうね・・・

人間と違って、何のためかわからないため、恐怖だったろうなあ・・・(;ω;)

それでなくても、病院の待合室にいるだけでガクブルで涎だらだらなのに・・・(なので、いつも車で一緒に待ってます。失禁することもあるので(T-T)



1469006273592.jpg

ちょっと咳が収まってきたかな?一日でそれほど何度もするわけじゃないのだけれど、あの心臓の大きさを見たら・・・・・・心配・・・(・_・、



でも、咳がとまらず呼吸困難になったり、左心房が破裂したり、最悪の事態も心に置いておいて、あらためてメモしてあった夜間救急病院の位置や電話などをまた確認しておきました(`・ω・´)





今朝、車の中で、ペットロスってどんなだろう・・・ミルも生前退位しておくか・・・なんて夫が言ってました。・・・・・・子犬を迎えるってこと?

も~~弱気な事言ってるけど、現実に立ち向かう、最後に立ち会うのは絶対私。気を強く持って、優しく見守って行こうと思います!



ああ・・・でも、考えるだけで、悲しい。

一度、飼い犬を亡くしているけれど、私はもう嫁に行っていて、看取ったのは母。弟も夜に寝返りさせてやってたそう。母のダメージは大きかったっけ・・・

もう絶対飼わない、と言っていたけれど、8年後に今のクロを保健所(?引き取り手のいない子犬たち)から迎えた。

そのクロも今年14歳。

1469006623244.jpg

私が娘を産む2か月前に亡くなった実家の飼い犬ゴローに似てるわんちゃん。

そっくりで、思わず駆け寄って、「写真撮らしてください」(私にしては珍しい積極さ・・・)



このわんちゃんより、もう少し小さくて、耳が垂れていた。



性格は悪かった。言うことは聞かないで、引っ張るし、泥だれけの足で飛びつかれて服はどろどろになるし、友達には吠えまくるし。(まあ、私が子供だったから馬鹿にしてたんだろうけど。躾もしてなかったし)



そして寂しがり屋なのか、ちょっと店先へ繋いで離れると、大声で泣き叫ぶ。(吠えるのではなく・・・悲しげな声で)家族で旅行へ出る時など、わおーーーーーんという悲壮な声で。(旅行の間は近所の子犬時代からおなじみの奥さんが毎日来て世話してくれるんだけど。人に慣れない犬だけど、その奥さんは大丈夫)



けれど、見かけはムクムクしてとっても可愛かった!誰もが振り返るほど。

呼んでも来ない犬なので、散歩中、脱走した時にはよく隠れていると探し出しに来るので、そこを捕まえていたっけ。



遠くの狭山湖などまで散歩した際、よく脱走して、けれど毎回無事に帰ってきていたけれど、年取った頃のある日、交通事故に遭ってしまって・・・(私は母から話に聴いただけですが。道路に倒れているのを見つけた時はもうだめだ・・・と思ったそうです。その後、獣医さんが迎えに来てくれて病院へ。)



それでも持ち直して、会いに行ったら、結構元気だったけれど、もうよろよろしておもらししてしまう感じでした。もう15歳だったので急激に老いがやってきて・・・

でも轢かれなかったら、もう2年くらい生きられかも。

1469006274105.jpg

ごローにちょっとだけ似てるワンコの箸置き。


1469006274768.jpg

別れは悲しいけれど、たくさんの思い出をくれる。

立ち直るまでには、かなりの年月が必要だけど。



ゴローの事を思い出して、やっと泣かなくなったのは、3年くらいしてからかな。それもゴローが亡くなった年に生まれた娘の事で毎日大変だったおかげ。



それでも、今でもオムツして横たわっていたゴローが、自由に走れるようになって喜んで、よく行った武蔵野の野原をかけまわっているのを想像すると涙が出てくる。(←私を慰めようと夫が言ってた言葉。)



「最後のおくりもの」の最後のシーンみたいな?



亡くなってしまうのは悲しいけれど、楽になって元気になって嬉しがってると思うと、ちょっと気が楽になる。涙は出るけれど。



しかし、オムツしてるところさえ見なかった私が、実際ミルを看取ったら・・・

立ち直るのには、もっともっと時間がかかるんだろうなあ・・・|ω;`)





にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村








スポンサーリンク



☆いつも参加してるトラコミュ

主婦のつぶやき・・・(*'-'*)
主婦のストレス
主婦の独り言
自分らしく気まま生活
今日のココロ
ひとりごと



|∀`)ノ.。oO(下のバナーから登録すると私へも800pt(80円)いただけるので、もし登録しようかな~という時は、ぜひよろしくお願いします!)

|ω・´).。oO(楽天などの買い物をここからすると1%貯まります、気長に貯めてます!)

« 元気で留守がいい | トップページ | ポケモン・・・ »

ペット」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、いつも拝見しています。
我が家のチワワも僧帽弁閉鎖不全症と診断されてかれこれ1年以上が経ちました。最初は1種類だったお薬が先月からもう1種類増えまして不安な気持ちでいます。
我が家のチワワは現在6歳で若い時期での発症で先生からは遺伝かもしれないと言われました。
私も専業主婦でずっと家にいますので看取ることになりそうです。考えると辛く悲しい気持ちになってしまいますね。その日がいつ来るのかは分かりませんが今のこの平穏な時間を楽しみたいと思っています。
ミルちゃんどうぞお大事にしてください。
長々と失礼しました。

こまちさん、はじめまして。
いつも見てくださってるそうで、ありがとうございます!

チワワちゃん、若いのに心配ですね・・・
でも、この僧帽弁閉鎖不全症というのは本当に個体差があるみたいですね。
早い段階から薬を飲んで、心臓の負担を減らしていれば、寿命もまっとうできる例がたくさんあるみたいです。

それでも、今は元気で食欲も旺盛だけど、いつどうなるとも分からない病気なので、咳をするたびにどきどきしてしまいます。

私も今元気なうちに、悔いのないようたくさん遊んだりお散歩行ってあげたいです。(あまり興奮して走りまわったりはしないように・・・まったく元気すぎなのです・・・(;'∀')

こまちさんも、備えは万全にしつつも、わんちゃんと今の幸せを、かみしめ楽しんでください。
チワワちゃんもどうぞお大事に(*^-^*)

さつきさん、大丈夫ですか。
ミルちゃん、頑張ってたんですね。でも、本当に優しい家族に囲まれて、幸せな日々をミルちゃんは、
送っていたと思います。今までのように穏やかに、優しい家族に囲まれて、ミルちゃんが毎日を重ねてけますように、お祈りします。どうか、痛みがなく、苦しみがありませんように。
さつきさんも、お辛いと思いますが、どうか、ミルちゃんとの日々を楽しんでくださいね。

ぽこさん、こんにちは。
お返事遅くてすみません!<(_ _)>
ご心配くださってありがとうございます。

そんなに言っていただくと、本当にミルが幸せ者だったようで嬉しいです(´_`。)
昔は胸とお腹に水が溜まって苦しんだようですが、今は医学も進歩して、いい薬がたくさん出ているので、あまり苦しまないそうです。
まだまだ見かけは元気なので、今の状態ができるだけ長く続くよう見守って行きたいです。
これからも、たくさん楽しい思い出つくって行きたいと思います!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 元気で留守がいい | トップページ | ポケモン・・・ »