最近の記事


  • ブログランキングに参加していますv
    にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
    にほんブログ村

  • ↓最近書いた記事です

*




  • ↑人気ブログランキングにも参加してます、ミルのお鼻をぽちっと押して応援お願いしますv


購入したもの

スポンサーリンク


リンク

無料ブログはココログ

2017年3月24日 (金)

ミルのいない世界

1490344259026.jpg

ミルは、22日の夜10時に煙となってお空へ旅立ちました。12歳と6カ月でした。

 

21日に検診のために約8カ月ぶりに病院へ行った時に、容体が急変して亡くなってしまいました。

怖がり屋のミルの弱った心臓がピークになってしまったのかもしれません。

前日には山をお散歩し、ゆっくりゆっくり下りて来て、当日は野菜とカツオぶしトッピングの朝ごはんをモリモリ食べて、お昼には娘からササミを貰ってました。最後まで元気に楽しく過ごせて幸せだったと思います。

 

心臓に負担をかけるのが嫌で伸ばし伸ばしになっていた病院。

待合室では、いつもブルブル震えてヨダレを垂らして、隙あらばドアへダッシュして脱走を図ろうとしてるミルが、21日はおとなしく座って、私の目をじっと見つめていました。

「早く帰ろうよ。お願い。」

と訴えていたんでしょうね。帰れなくなってしまって本当にごめんね。


さぞ心臓はバクバクいってるんだろうなと思って、声かけて撫でながら心臓に手をやると、不思議と静かでした。意外と落ち着いてるのかな?と思ったけれど、かなり弱っていたのかもしれません。

つい一週間前には、小山へ散歩に行った時にいきなり倒れましたから。(その数分前にはリスに向かって吠えたてていたんですけど)

 

レントゲンを撮った後に、やはりパタリと倒れて意識がもうろうとしたので、酸素室へ入れられました。しばらく様子を見たいというので、そのまま置いて帰る予定で、「容体が急変した時に心臓マッサージなど延命措置をしますか?」などと聞かれて「一応してほしい」と言っているうちに、私越しに見えていたミルの容体が急変して、すぐ外へ出され酸素吸入しながら強心剤を注入してもらってました。

 

あまりな展開に胸がどきどき。最近血圧高いから自分までやばいんじゃないかと思うくらい。

 

看護師さんの女の子が「顔のところへ来ていいですよ、声をかけてあげてください、撫でてあげてください」「ママが近くにいるよ~」「腕枕をしてあげてください」等、声をかけてくれたので、最後までずっとミルにくっついて撫でて声をかけてあげていられました。感謝感謝です。

 

 

もう目も乾いてきて駄目なんだろうなと思いつつも撫でていたけれど、心臓マッサージや、ダメ押しの強心剤注入も、最後まで尽くしてくれてると思えて、本当に嬉しかったです。うちの母は「やったの?可愛そう」なんて言っていたけれど、納得できて最後まで全力で助けようとしてくれて嬉しかった。

1490344259852.jpg

車の後ろに先生が積んでくれた後、看護師の女の子が「ぎゅってしていいですか」と言ってミルを抱きしめてくれました。

 

涙を流しながら、お花をたくさん買って家へ帰りました。

 

さっきまで生きて、後部座席に座っていたのに、今は静かになって横たわってるミルを積んで帰りました。

1490344260172.jpg

一番涼しい私の部屋で1日半過ごしました。

もう当日は泣きすぎてまぶたが腫れて目は糸のように。

目の奥と親知らずが猛烈に痛み、眠れず。トイレへ立つ度にミルに声をかけ・・・昼も眠れず。

 

夫は当日と次の日もミルを撫でながらお酒を飲んでいました。

 

綺麗なうちにと次の日に近くの火葬場へ電話したけれど、友引のため通じず、いつも見ているブログのモモちゃんのように、移動式なら今日来てくれるかも、とネットで調べて「ペット葬儀110番」さんに来てもらう事にしました。

 

夜の8時になったので、偶然にも夫も立ち会える事に。

姑も来て、4人で送りだせてよかったです。

 

夫は炉へ入れる途中で耐えられず家の中へ。その日はそのまま自室からは出てきませんでした。

頼もしい娘と姑がいて良かったです。

 

(娘がかなりショックを受けると思っていたけれど、亡くなった当日さえ鼻歌!ダンレボもいつものようにこなし・・・。「ママの次に大事だから凄く悲しいよ、悲しむ見た目は人それぞれだよ」と娘)


とても丁寧に「虹の橋云々」など言ってくれて、皆でお見送りしました。期待以上に丁寧に最後までしてもらって、この会社にして大正解でした。

 

45分の間、家の中で待機。

トレーに載せた遺骨を見せてくれてから壺へ。

 

「ちゃんと犬の頭だったね、小さいね、細いね」

と言い合える人がいてよかった。

一人じゃ耐えられそうもない。

 

病院であった事、思った事など、午前中に来てくれたうちの母、姑、夫、娘と4回も話せた。

話して外へ感情を出すって本当に大事だなと。おかげでなんとか立ち直ってきました。

そしてミルを大事に思っていた人達と、語り合える幸せ。



1490344261279.jpg

1490344261750.jpg

ミル、たくさんの楽しい思い出ありがとう。

 

娘はミルのおかげで、難しい年ごろもひねくれてる時も、毎日笑顔になれていたよ。

本当に毎度助かりました。

 

夫の癒しと、かすがいにもなってくれました。


ミルのいない世界は、寂しくつまらないです。

でももうしばらく生きていきます。

虹のたもとで、ゴロ―と遊んで待っていてね。

ゴローは根は優しいから、失礼な事してもミルを許してくれるよ。

 

1490344300370.jpg

1490344262057.jpg

1490344262379.jpg

1490344262771.jpg

                  「またね!」

 
















にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村

?


スポンサーリンク




«ドラマ話